Home > 結婚式・披露宴のマナー・服装とヘスタイル > 結婚式における服装のルール

結婚式における服装のルール

■■■あの芸能人が結婚式を盛り上げます!■■■
結婚披露宴余興や二次会、パーティーを芸能人が盛り上げます!


結婚式の服装は、いろいろとルールがあります。
良かれと思って選んだのに、実は大変失礼なことだった……というようなことがないよう、気をつけましょう。
結婚式の服装は女性なら華やかなドレスを着たいところだと思いますが、あまり派手すぎるものはよくありません。
特に、新婦とかぶる白のドレスは結婚式の服装では最大のタブーとされています。
結婚式は新郎新婦のためのイベントであって、参列者は引き立て役だということを自覚するようにしなければなりませんね。
このブログの最初の方にも書きましたが、結婚式やそれに続く2次会は貴重な出会いの場ということでもありますから、服装でがんばりたい気持ちもわからなくもありませんが、ほどほどにしたほうがよいでしょう。
肌の露出も控え目にするのがよいようです。
逆に、男性なら黒いスーツや礼服でも気にならないのですが、女性の結婚式の服装で黒一色というのもどうでしょうか、お葬式のようで、なんか縁起が悪い感じがしますよね。
黒を結婚式の服装に選ぶのなら、お葬式では絶対に着られないような光沢のある素材や華やかなシルエットのものを選ぶといいようです。
同時に、親族として出席する場合は黒が基本なことを覚えておきましょう。
結婚式の服装では小物も同様に気をつけなければなりません。
ファーやヘビ革のバッグは手持ちのドレスに合わせるだけで華やかになるのでついつい使ってしまいがちだと思いますが、殺生をイメージするので避けた方が無難だそうです、気をつましょう。
当然、フェイクファーでも同様です。
和服の場合は、未婚女性は振袖でも構いませんが、年齢を考えて中振袖や小振袖を選るのがよいようです。
既婚女性は訪問着でよいようです。
付け下げならどんな女性が着ても問題ないということです。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://wedding.love-n-peace.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9971
Listed below are links to weblogs that reference
結婚式における服装のルール from 結婚:理想の相手との出会いからゴールインするまで

Home > 結婚式・披露宴のマナー・服装とヘスタイル > 結婚式における服装のルール

Search
Feeds

Page Top