Home > 結婚披露宴での祝辞・挨拶について > 新郎新婦のスピーチのコツ

新郎新婦のスピーチのコツ

■■■あの芸能人が結婚式を盛り上げます!■■■
結婚披露宴余興や二次会、パーティーを芸能人が盛り上げます!


結婚式は以前は家と家との結びつき、というイメージが強く、式の最後に新郎の父の挨拶があるのが定番でした。
これは現在でも廃れたわけではなく、友人の結婚披露宴でも最後はお父さんの挨拶でした。
以前に比べて少なくなっているというのは、かつては結婚式を執り行うのが「親」であるケースが多かったということのようです。
しかし、最近増えてきた新郎新婦が中心になったパーティー形式の結婚式では、新郎が挨拶をするケースも多くなっているのだそうです。
ちなみに、私もパーティーだけでしたが最後は両家の父親にも挨拶をしてもらいました。
以前から新郎の挨拶はあったのですが、形式的なものが多く、親の挨拶と内容が被ることも少なくなかったようですた。
最近では、仲人がいないことも多く、パーティーの最初に新郎がウェルカムスピーチとして、出席のお礼と新婦との馴れ初め、会の進行などについて述べることも多くなっているそうです。
また、結婚式の最後に挨拶をする場合は、以前は父親が受け持っていた挨拶、ということですので、結婚式の出席者へのお礼、仲人や主賓など挨拶をしてくれた人、友人たちへの感謝、家庭を持って新しく生活を始める上での決意と抱負、さらに未熟な自分達への指導のお願い、等を端的に自分の言葉で述べて挨拶とするのがよいようです。
新郎新婦2人で挨拶をする場合もあるようですが、一般的に、この挨拶は、結婚式のフィナーレを飾るものとなっていますので、式や挨拶を聞いて感じたこと、これからの新生活に役立てていこうと言う決意とともに、今日まで2人を育ててくれた親への感謝を忘れずに述べるようにしましょう。
美辞麗句や難しい言葉を並べる必要はあません。
今の気持ちを素直に表すようにするのが、出席者も感動してくれますし、いい結婚式だった、という風に感じてもらえるでしょう。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://wedding.love-n-peace.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9969
Listed below are links to weblogs that reference
新郎新婦のスピーチのコツ from 結婚:理想の相手との出会いからゴールインするまで

Home > 結婚披露宴での祝辞・挨拶について > 新郎新婦のスピーチのコツ

Search
Feeds

Page Top