Home > 結婚披露宴での祝辞・挨拶について > 友人代表の挨拶・スピーチ

友人代表の挨拶・スピーチ

■■■あの芸能人が結婚式を盛り上げます!■■■
結婚披露宴余興や二次会、パーティーを芸能人が盛り上げます!


結婚式の進行上で最も盛り上がりが期待できるのは友人のスピーチですよね。
友人の挨拶にも何通りかあって、数人がグループでマイクの前に立ち、少しずつスピーチをするケースもありますが、ここでは「友人代表」として挨拶をするケースを取り上げてみたいと思います。
結婚式で友人代表に求められる挨拶は、ありきたりの話ではなくて、友人である自分だけが知っている、とっておきのエピソードだと思います。
ですから、堅苦しい言葉での挨拶ではなく、心のこもった、友人としての挨拶で門出を祝福してあげるようにしましょう。
ただし、結婚式で友人代表として挨拶をする場合にも「親しき仲にも礼儀あり」というルールだけは絶対守るようにしましょう。
友人とは言っても、幼馴染み、同級生、会社の同僚など立場はさまざまですが、結婚式での共通の注意点としては、

1.暴露話はタブーです
2.あくまでも友人の立場なので上から目線のスピーチをしないこと
3.なれなれしすぎない

等がありますので、気を付けましょう。
暴露話や内輪話は、話す方は友人同士のノリで面白いと思っていても、新郎新婦や年配の親族から見れば、過去のことで「恥をかかされた」と思うかも知れません。
特に異性問題の暴露話は結婚式というおめでたい席が興ざめてしまうことになりますので、絶対に避けて下さい。
もしも異性にもてた、というエピソードを挟みたいのであれば、新郎は非常にもてたにもかかわらず、新婦一筋で全く見向きもしなかった、と言う風にまとめるべきです。
例えば、私が出席した結婚式での友人代表スピーチでは、「新郎は中々もてて、今までに何人かのガールフレンドを紹介されたことがありますが……」と話し始めると会場から笑いが起こりました、そしてひと呼吸おいて「でも、新婦を紹介されたときは、彼にとってこれ以上の女性はいないと、すぐに分かりました」と続けたのですが、中々うまいと思いました。
また、結婚式はおめでたい席であると同時に改まった席でもありますので、初めて会う親族や出席者もたくさんいるわけですから、あまりにもなれなれしくて砕けた挨拶だと、挨拶をした友人はもとより、そんな友人と付き合って代表に選んだ新郎新婦も批判され、常識を疑われることになってしまいかねませんので、十分に気をつけなければなりません。
それから改めて言うまでもないことですが、結婚式での下ネタは絶対にタブーです。
いずれにしても最も気を付けなければならないのは、友人代表の挨拶ではあっても、相手方の親族にとっては全くの他人ということも多いですから、「知らない人に紹介するエピソード」はなにが適当かをよく考えて内容を決めるということです。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://wedding.love-n-peace.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9984
Listed below are links to weblogs that reference
友人代表の挨拶・スピーチ from 結婚:理想の相手との出会いからゴールインするまで

Home > 結婚披露宴での祝辞・挨拶について > 友人代表の挨拶・スピーチ

Search
Feeds

Page Top